スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子組み換え作物は危険なのか

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/21(火) 11:03:11.61 ID:???

人為的な遺伝子操作によって、除草剤や害虫などに耐性を持つように作られた
「GM作物(遺伝子組み換え作物)」。
これまで何度も安全性に疑問を呈されてきたが、日本のTPP参加によって、
GM作物を原材料とした「GM食品」の流通量が一層増えることが懸念されている。

世界で初めてGM作物(トウモロコシ)の商業栽培が始まったのは1996年の
アメリカでのこと。この年の作付面積は170万ヘクタールだったが、今では瞬く間に
拡大して昨年の作付面積は1億7030万ヘクタールとなっている。
これは世界の農地の約11%を占める規模だ。
主な作物は大豆、トウモロコシ、綿花、ナタネの4種類。
主な生産国はアメリカ、ブラジル、アルゼンチン、カナダ、中国、インド、
オーストラリア、メキシコなど計17ヵ国に広がっている。

日本はといえば、GM作物の商業栽培はしていないが、世界最大のGM輸入国だという。
市民バイオテクノロジー情報室の天笠啓祐(あまがさ・けいすけ)代表が、こう解説
する。
「日本の自給率を見るとトウモロコシは0%、大豆が7.3%です。大量の穀物を
輸入せざるを得ないわけで、例えばトウモロコシは年間1600万トンを
輸入しています。自給率100%が可能な米でさえ、生産量は年間約800万トンです。
そして、輸入トウモロコシも輸入大豆も9割近くが遺伝子組み換えのものです。
いかに日本に大量のGM作物が入り込んでいるかがわかるでしょう。こうしたGM作物は
直接食べることはありません。主に家畜の飼料や食用油の原料に使われています」

また天笠氏によれば、いくつかの加工品や添加物(コーンスターチ、ぶどう糖果糖液糖、
乳化剤ほか)などもGM作物が原料となっている可能性が高いという。
とはいえ、日本にはGM作物を原材料にした加工食品には表示義務があり、
避けたいと思ったら避けられるようになっていた。

だが実は、現在でも表示義務がある食品はごく一部に限られている。
例えば食用油や醤油などは、組み換えられたDNAやそれによって生じたタンパク質が
検出できない、という理由で表示の義務はない。
同じく家畜の飼料についても義務はない。さらに、表示を義務づけている食品(豆腐、
納豆、味噌など)でも、意図しない混入なら5%まで認められている。
つまり、メーカーの「遺伝子組み換えでない」という任意表示があったとしても、
原料にGM作物が入っている可能性は否定できないのだ。

しかし、この“意図しない5%の混入”とはなんなのか?
「大豆やトウモロコシの生産から流通までの実態を考慮すると、選別されない状態で
穀物が届いたり、船積みや陸揚げの際にGM種が混入したりするので、最大5%の
GM混入の可能性があると考えている」(消費者庁の担当者)

どうやら物量的に、GM作物の混入は避けられないらしい。
もしTPP参加で表示義務まで撤廃されたら、我々の食卓にGM食品が紛れ込むことを
防ぐ手立てはないだろう。

ソースは
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/05/21/19252/
関連スレは
【食料】GM(遺伝子組み換え)作物の安全性に疑問の声が上がっている (週プレNEWS)[13/05/14]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1368498811/l50



6: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:09:41.18 ID:fiPwRD58

だから、喰ったらどうやばいのかってーの、すぐ死ぬのか?セシウムよりやばいのか?


7: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:13:10.84 ID:FJzDAlfv

>>6
セシウムだってすぐには死なないよ


8: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:14:37.81 ID:d8Wr4gbi

GM食品食っても、問題ないだろ。


34: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:48:17.45 ID:h2QK6rdd

>>8
GM食品食った奴が子孫を残さないっていう前提なら問題ないな


10: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:17:10.51 ID:x95TILoL

有害なる遺伝子操作作物は、モンサントくらいだな


どうヤバいかというと、モンサント製遺伝子操作作物以外の全ての作物はモンサント製除草剤で、駆逐される


調べたら分かるがメキシコやインドでは
モンサント製除草剤に耐える唯一のモンサント製遺伝子操作作物を買えなくなった農業者から自殺者まででている


60: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 13:33:02.22 ID:45UCXWrX

>>10
こうだな
支援と称し、モンサント製の種を無料で貧農に提供
→収穫量が多く農民大喜び、モンサントの作物は出芽しないが数年間は無料で種を毎年くれるので農民ウハウハ
→土地に適応していた固有種の作物が絶える
→絶えたのを見計らって、モンサントが「今年からはタネが有料になります。お金払ってね(※貧農には法外な料金)」
→もとの固有種を蒔きたくても、もう絶えさせられててどこにもない
→モンサントの種を買い続けるしかなくなる


74: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 17:06:37.48 ID:6vDcxz4x

>>60
それじゃ農民がアホなだけだろw
遺伝子組み換えと何の関係もない、普通の種でも同じこと。


76: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 17:34:43.60 ID:x95TILoL

>>74
問題なのはモンサントなんだよな
モンサント製除草剤を使用した土地では、モンサント製工業種子(遺伝子操作作物の種子)しか育たない

東北地震のあとに被害を受けた土地に配布されかけた

インドやメキシコで問題になってヨーロッパでも裁判が行われている

そのモンサント企業と提携してるのがTPPを推し進めている経団連会長


11: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:18:45.24 ID:Q2xCXEYW

GM食品に反対してるのはアメリカの宗教的保守派の連中だろ


16: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:24:22.79 ID:x95TILoL

>>11
ヨーロッパでも問題になっている
なぜかと言うと、モンサント製種子以外の在来種や品種改良種がモンサント製除草剤に根絶され始めたから


遺伝子操作作物の恐さは、インドやメキシコがよく知っている


12: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:20:09.82 ID:6vDcxz4x

俺の認識では遺伝子組み換えと品質改良の違いなんて

特性のいいもの同士の遺伝子を組み合わせて新種の作物を作る⇒遺伝子組み換え
放射線を当てて突然変異を起こさせて偶然に特性がいいものが発生するのを待つ⇒品種改良

偶然に期待するか意図的に作るかだけの違いだろ。


21: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:31:37.48 ID:x95TILoL

>>12
遺伝子操作作物で特定の除草剤が効かなくなるように改良された種子

工業種子とよばれるが、
モンサントの場合、強力なモンサント製除草剤でモンサント製工業種子以外が根絶やしになっている

メキシコやインドでは、モンサント製工業種子以外は、全滅の危機にあり


一つのグローバル企業が、世界の食料を思いのままにすることができる点が問題視されている


13: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:21:03.21 ID:nKsa8kkd

食う分にはいいんだよ

ただそれを日本の畑で育てろってなると元締めのモンサント製肥料じゃないと育たないように遺伝子組み換えられてるとか
その組み換え作物の花粉が飛散してほかの作物もその肥料じゃないと育たなくなることの方がやばい

食って安全かどうかなんて言ってるやつはむしろ工作員
どうせ安全で結論出ることをあえて先にギャーギャー言って
それでOKになったら全部OKみたいな流れにしようとしてるんだろう


47: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 12:29:34.61 ID:hUcbGHbT

>>13
本当にやばいよな
TPPもアメリカ政府というより
モンサントを始めとした巨大アグリビジネス群が強く推進してるんだもんな


15: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:22:34.42 ID:AiLgpMz3

家畜飼料に大量に遺伝子組み換え作物が使われてて、
家畜が効率よく育ってるって事は、人間の食料としても問題は無い。

魚食っても、人はその魚にわる訳もなく、
毒性なんて、自然の動植物の中にも存在する。

きれいなアジサイの季節になろうとしてるが、アジサイの葉は有毒。


19: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:29:45.35 ID:fJ5UIUJl

遺伝子組み換え食品は、通常の食品に比べて検査が厳しいから
むしろ安全という考え方もあるんだよね…

通常食品なんて偽装だらけだし…w


25: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:37:31.82 ID:yFgGW7wf

タバコよりは害ないから別にいいだろ


26: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:38:06.56 ID:WZoLiJtB

それでも国産でGMフリーの農産物を多少高くなっても買う、という賢い消費者は
半分にも満たない。結局、目に見えない原因で後年、多額の医療費が掛かっている
やも知れんではないか?そう考えると、食料品が一番安いんだよ。

安倍さんの「農業従事者の所得を倍増する!」のお言葉に涙した。やっと、やっと
トップが目覚めてくれたか!と涙した。オイラは百姓ではないが、日々眺めている。


27: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:39:17.06 ID:DohA+dnz

遺伝子を組み替えて毒性のある物質ができたのなら危険だが
遺伝子は自然界で常に変化し続け、
それを何万年も食ってきたではないか


38: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:59:12.34 ID:WZoLiJtB

>>27
虫が食ったら死ぬ毒性や、雑草が育たないような毒性を組み込んで、それが人間にも害しないか?
という問題だろうが! 現に米でもモンサントのマインドコントロールが解けた一部の農民達が
反旗を翻し始めてもう10年近くなるぞ。


43: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 12:10:01.83 ID:6vDcxz4x

>>38
犬が食ったら毒になるものとか猫が食ったら毒になるようなものを
全世界の人々が食ってるが全然大丈夫だ。
ましてや虫と人間なんて全然違うのに全く関係ないわ。


50: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 12:39:03.99 ID:fEVicQGv

>>38
>>虫が食ったら死ぬ毒性や、雑草が育たないような毒性を組み込んで、それが人間にも害しないか?

犬や猫が食ったら死ぬ毒性ならなおさら危険ということか

そういう危険な野菜がスーパーで普通に売ってて血液さらさらとかアピールしてるんだが
反対する運動はちゃんとやってるんだろね


30: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:45:07.19 ID:CsKkJP5Q

奇形児が増えるのかな


33: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:47:16.33 ID:M2y2r9+Y

お前らの親が認知症になったら審査基準ゆるゆるの米国産牛肉のおかげ
もう狂牛病汚染ですら記憶から消えてるだろ


35: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 11:48:17.58 ID:BB7psByL

なあにwかえって免疫がつくwww
進化するよwww超人類進化剤だwwwwwwwwww


39: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 12:04:02.81 ID:GzgI7lBD

こんだけ大量消費されてて何も問題起きてないんだから
安全なんじゃないの?


58: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 13:16:58.39 ID:WZoLiJtB

>>39
ま、それでジワジワ地球が滅びても、皆で三途の川を渡れば怖くない・・・か。


52: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 12:44:22.53 ID:ybA6OwjK

大豆とか8割GMだから、食ってない訳が無い状態だよな。
まぁ、別にGM食品が悪いとか全く思わんので気にもしないが。


53: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 12:46:47.23 ID:ybA6OwjK

異常な交配や放射線ぶつけて遺伝子異常作り出す、これまでの新品種開発法より、
遺伝子組み換えの方が、よっぽど安全だよ。

最終的な生産物として出た段階の物質組成はチェックした上でリリースされるんだし。


59: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 13:20:48.23 ID:l2bLVeMJ

百歩譲って食べるだけで済むなら遺伝子組み換えでもいいんだが、
種子が混入して遺伝子汚染とかが起こると取り返しがつかんことにならんか?


61: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 13:38:52.90 ID:p41/iSAz

コシヒカリとか尼王とか、GMと変わらん気もするがなあ


64: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 13:58:20.26 ID:kFJ1uXjD

品種改良とさほど変わらないのだから
問題なんてほぼないだろう
有るとすれば在来種の汚染や無くなってしまうかも(外来種に荒らされる生態系と一緒)
農薬漬けよりよっぽど安全だと思うんだがなぁ
そして、農薬も遺伝子組み換えも無しでやって行けるほど
今の世界人口が少ない訳じゃないので


66: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 14:07:58.06 ID:YYkjbID4

遺伝子組み換え使用ワースト1は明治HD、おやつの『カール』など
http://www.mynewsjapan.com/reports/1158

「遺伝子組み換え食品会社」ワーストはJオイル、2位日清オイリオ
http://www.mynewsjapan.com/reports/1691


67: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 14:14:23.28 ID:iWV6oxl0

短期的な危険性は証明されていないが、長期的な安全性も証明されていない。
「危険に違いない」という電波をふりまくDQNと「多分安全だろう」と高を括る
マヌケの入り乱れるスレですね。


68: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 14:20:31.76 ID:qnG+UeZb

>>67
食品として摂取しての安全性を主張する人と、栽培に伴う環境への影響を指摘する人の主張がすれ違ってるスレです


82: 反マスコミ 2013/05/21(火) 18:33:13.82 ID:WxELi9cX

この記事ってTPPで農薬や遺伝子組み換え原材料を認めろと洗脳するため
の記事か?
天笠 啓祐(あまがさ けいすけ、1947年 - )は環境問題を専門とするフリ
ージャーナリスト。市民バイオテクノロジー情報室代表。東京都出身。早
稲田大学理工学部卒業。
>続く


83: 反マスコミ 2013/05/21(火) 18:39:32.24 ID:WxELi9cX

遺伝子組み換え食品の現状について4つのポイント
① 実は日本人が一番たくさん食べている。
●世界で生産されている大豆の77%が。すでに遺伝子組み換え大豆になっている。
 日本人は味噌、醤油、豆腐、納豆と大豆食品をたくさん食べるが、大豆の自給率
 はわずか6%、食用大豆に限っても21%だから、ほとんどの大豆が輸入で、その
 ほんとんどが遺伝子組み換え大豆といえる。また、そうめんは綿実油でないとお
 いしく作れないというが、綿実油(なたね油・キャノーラ油)のほとんどが輸入
でほとんどが遺伝子組み換えナタネになっている。コーン油についても同様で、
アメリカでの遺伝子組み換えトウモロコシの栽培率は全トウモロコシの73%で、
 アメリカからの輸入率が94.1%なので、単純に計算して日本国内で消費されてい
 る68.7%のコーン油が遺伝子組み換えトウモロコシからとった油といえる。
●EUではGM食品は「GM食品です」という表示になっている。それも全食品において
 の表示が必要となっている。おそらくこれが普通の考え方による普通の表示方法
 といえる。消費者が表示を見て、表示の意味を理解し、判断できるようになって
 いる。使っていないなら表示する必要はない。使っていれば、使っていると表示
 する。これが、わかりやすい。ところが、日本では「遺伝子組み換え作物不使用」
 という表示になっていて、使っていないことを表示しなければならなくなってい
 る。豆腐や納豆、味噌は表示しなければならないが、醤油には表示する義務がな
 い。さらに、「不使用」という表示なので、意図せずに、勝手に混ざったものに
 ついては、おとがめがない。3%くらいまでの混入は許されている。このような
 ことから、日本の消費者は、GMを使用した食品とGMを使用していない食品を食品
 表示によって選ぶことができない。
② 安全性には疑問。動物実験の結果は最悪だが、人間は食べている。不思議な食
 べ物といえる。
●アメリカ環境医学会(AAEM)は遺伝子組み換え食品は「深刻な健康被害をもたら
 す」ため、即時のモラトリアム(一時停止)を求めると2009年5月19日に発表。
 動物実験の結果を科学的に検証した結果、「GM食品と健康被害との間に、偶然を
 超えた関連性がある」そして「GM食品は、毒性学的、アレルギーや免疫機能、妊
 婦や出産に関する健康、代謝、生理学的、そして遺伝学的な健康分野で、深刻な
 健康への脅威の原因となる」と結論づけることができると発表。よって同学会は
 GM食品を即時一時停止し、長期的な安全試験を実施、GM食品の全面表示の実行、
 GM食品を避けることができるように、患者、医学界、市民を教育する医師の養成。
 患者の病気の過程をGM食品の果たす役割を考慮する医者の養成。人々の健康問題
 とGM食品との関連を調査するためのデータを集め始める、独立した長期にわたる
 科学的研究を行うことを求めた。<アメリカ環境医学会は、1965年に設立された、
 環境問題と臨床医学を結んだ領域に取り組んでいる学会、大気・食品・水などの
 汚染や生物化学兵器などが絡んだ病気を研究、情報提供してきた>


85: 反マスコミ 2013/05/21(火) 18:43:09.33 ID:WxELi9cX

③ 生態系(環境)に悪影響がある。
●除草剤の使用量の増加。アルゼンチンではGM作物が普及して除草剤の使用量が2倍
 になった。
●ラウンドアップ耐性大豆は、すべての植物を枯らす強力な除草剤ラウンドアップを
 かけても枯れない大豆。この大豆を栽培することによって除草剤の散布量が減り、
 作業量が軽減されるといわれていたが、実際には、ラウンドアップに耐性をもつ雑
 草が、すでに10種も出現している。はじめの4年間くらいは農薬の使用量は確かに
 減ったが、6年目からは激増している。農家一軒あたりの栽培面積が600~1000ヘク
 タールととても広いので、飛行機とか大型機械で大量の除草剤をガンガンまく。
 畑の周辺に飛散した除草剤で周辺の生態系が壊れてしまう。世界の農地の10%にち
 ょっとたりないくらいの面積が、すでにGM作物になっている。このことによって作
 物の多様性、地域性が急速に失しなわれている。テネシー州のGM綿の栽培の現状、
 9種類の除草剤耐性雑草が50万エーカーの農地に広がり、はびこり、綿の収量は3分
 の1に、雑草を取り除く費用は2~3倍になった。アメリカの食品安全センターの
 調べによると、1996年から2008年の12年間で、農薬の消費量は3億8300万ポンドも
 増加した。
●殺虫性綿、殺虫性トウモロコシというGM作物がある。その作物のすべての細胞で食
 べた虫がおなかを壊して死んでしまうという物質をつくるように遺伝子が操作され
 ている。はじめのうちは作物をかじる虫が死んでしなくなるだけであったが、作物
 をかじる虫を根絶やしにしてしまったために、生態系が大きく変わり、生態系が変
 わると、新たな害虫があらわれてくる。そして毒素を食べても死なない耐性を持っ
 た害虫が現れはじめている。中国、インド、スペインで耐性をもった害虫の出現で
 、農薬の使用量が増えているといわれる。
●ブラジルの熱帯雨林が切られた後に、一番多く作付けられているのがGM大豆。


87: 反マスコミ 2013/05/21(火) 18:48:38.94 ID:WxELi9cX

●輸入されたGMナタネを荷揚げする名古屋港とナタネ油をしぼる工場三重県四日市市との
 間で、輸送トラックからGMナタネがこぼれて、自生し、ブロッコリーと交雑してしまった。
 三重県はナタネと同じアブラナ科の菜花の産地であるが、これを受けて、菜花の種の自家
 採取を禁止することになってしまった。
●遺伝子を組み換えて、成長を早くしたサケが開発されている。ゲンゲという深海魚の遺伝子
 を組み込むことによって。理論上は3年で20倍になる。サケの成長ホルモンはエサの少ない
 冬は働かなくなっている。そういう自然のしくみが備わっている。これを冬も成長できるよ
 うに、そのリミッターを外したという仕組み。このGMサケ、成長はは早いが、生殖能力はほ
 とんどない。これが自然界に放たれたら、サケのメスは本能的に大きなオスを選ぶ習性があ
 るので、サケが激減するといわれている。また、成長が早い分、エサもたくさん食べなけれ
 ばならないので、性格はすごく獰猛で、たくさん小魚を食べるので、有害物質の蓄積量も通
 常のサケよりも多い。
④ 多国籍企業が種子の独占によって世界の食糧を支配しようとしている

●世界の種の2割がすでにモンサント社のものとなっている。韓国でも主要な種子
 会社6社が買収されてしまった。
●モンサントでないと農家でない。アメリカではGM作物を栽培しないと村八分にあ
 う。モンサントは独自の警察組織をもっていて、GM作物をつくらない農家を取り
 締まっている。ナタネの場合、周りがみんなGMナタネになれば、交雑することは
 さけられない。そんな中で自家採取をしている農家を見つけたら、葉を一枚、し
 っけいして、DNA鑑定を行い、GM作物の遺伝子が交雑していないかどうか調べ、
 交雑していたら、特許侵害でGM作物を栽培しない農家を訴える。裁判ではお金を
 かけて、特許侵害を専門に扱う弁護士を19人もやとっているので、これをやら
 れると農家は太刀打ちできない。自家採取農家は裁判ではかならず負けて、多額
 の賠償金を請求されてしまう。(シュマイザー事件)
●インドではGM綿花は収量が増えるという広告にだまされて、多くの貧しい農家が
べらぼうに高いGM綿花の種を借金をして買ったが、栽培した結果、収量は逆に減
り、生活に困窮した農家が26万人も自殺してしまった


89: 反マスコミ 2013/05/21(火) 18:51:54.89 ID:WxELi9cX

●主食である小麦とかトウモロコシとかが、地球温暖化という激しい気候変動の
中で、おおきなダメージを受ける可能性がある。そういうとき原種があれば、
回復させることができるが、その原種がどんどん絶滅していっている。現在の
作物は品種改良によって、無駄な部分を可能な限りそぎ落としたものが多い、
原種は、そぎ落とされてしまった無駄な部分をたくさん持っている。その無駄
な部分が、気候の変動などの環境の変化に柔軟に対応できる多彩な要素となる
。現在の普及している品種は、柔軟さがなくなってしまっている。メキシコで
はトウモロコシの原産地がGMトウモロコシによって汚染されている。GM作物の
作付面積拡大によって多様な在来種が危機に瀕している。


91: 名刺は切らしておりまして 2013/05/21(火) 19:00:47.03 ID:uo1qdV/a

ビタミンBを持つから、食べ続けても脚気にならないコメとか
遺伝子組み換えだから悪いわけではないし
実際、遺伝子組み換え作物を一切作らないと、すでに
世界人口は養えないレベルになってるんだよね。
世界の人口が一億人とかなら
作物に合った場所で在来種作って、ってやれるんだけど。


108: 名刺は切らしておりまして 2013/05/23(木) 17:08:48.89 ID:UtO8BIZb

遺伝子組み換え植物を危険視する学者は多い
しかしその理由を理解している人は少ない
遺伝子組み換え植物に毒性があるわけではない、もちろん作れない訳ではないが作る理由はない

現在、遺伝子組み換え植物を作成する最大の理由は特定農薬に対して耐性を持たせるためである
これでより強力な農薬を使用できる
そのためこれら遺伝子組み換え植物を作成しているのは農薬メーカーである
中でも大手のモンサントは有名(ベトナム戦争でダイオキシン入りの枯葉剤を提供した会社ね、意図しては無いけど)
一方でマイナス要素として高いロイヤリティの発生、栽培品種の単一化による病気の蔓延などにより世界的飢餓の発生リスクがあげられる


「モンスター食品」が世界を食いつくす! 遺伝子組み換えテクノロジーがもたらす悪夢

新品価格
¥1,575から
(2013/6/3 20:07時点)



【食品】日本人は知らないうちに大量のGM食品を口にしている (週プレNEWS)[13/05/21]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1369101791/

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
amazon
楽天
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。